いつ相談するべきか

カレンダー相続の問題が浮上したときに、一体どのタイミングで相談をするべきなのか悩んでしまうケースは少なくないでしょう。いつ相談をするべきか決まりがあるわけではありません。しかし、相続税というのは相続をしてから10ヶ月以内にしなければいけないという決まりがあります。そのため、できるだけ早めに相談をしておくべきでしょう。

しかし、被相続人が亡くなったあとはやらなければいけないことがたくさんあります。とても慌ただしい時間を過ごしている方は多いでしょう。いろいろな手続をしなければいけません。それらが終わってある程度落ち着いてから税理士に相談をすることをおすすめします。一般的には49日法要を終えてから相談をするケースが多いです。ただし、余裕があるならば、それよりも早く相談をすることももちろん構わないでしょう。

また、相続については生前に相談をしておくという方法があります。その方がいろいろな対策をすることができるからです。いざ相続税が発生した段階になって対策をしようと思ってもやれることは限られてしまいます。そのため、被相続人が生きているうちに税理士に相談をしておくと良いでしょう。特に遺産として残る財産が多い場合にはしっかりと相談をすることによって、きちんと対策ができるのです。