費用について

税理士への相続相談では費用について気になる方が多いでしょう。具体的にどのくらいの費用が発生してしまうのでしょうか。

電卓費用は基本的に成功報酬となっています。相続財産額に対して何%を報酬とするのか決めることになるでしょう。あるいは、一定の相続財産額についていくらの報酬を支払うのか設定するという場合もあります。この場合は段階的に報酬が高くなっていくのです。

基本的には財産増額に対して0.5%から1.5%程度の金額とされています。税理士の報酬というのはかつては税理士報酬規定というもので決められていました。しかし、今ではそれが自由化されています。そのため、それぞれの会計事務所が独自に自由に報酬を決定できるようになっているのです。どこに相談をするかによって、報酬の金額が異なってしまうため注意しましょう。

たとえば遺産総額が1億円であれば、相場としては100万円程度が報酬となるでしょう。ただし、0.5%から1.5%では実際に支払う報酬は3倍程度の開きがあります。そのため、どこに相談するかによって、報酬の額はかなり異なってしまうでしょう。

注意点としては、あまりにも安い報酬を設定しているところは注意しましょう。きちんと仕事をしてもらえなければ税理士に相談をする意味がないからです。

いつ相談するべきか

カレンダー相続の問題が浮上したときに、一体どのタイミングで相談をするべきなのか悩んでしまうケースは少なくないでしょう。いつ相談をするべきか決まりがあるわけではありません。しかし、相続税というのは相続をしてから10ヶ月以内にしなければいけないという決まりがあります。そのため、できるだけ早めに相談をしておくべきでしょう。

しかし、被相続人が亡くなったあとはやらなければいけないことがたくさんあります。とても慌ただしい時間を過ごしている方は多いでしょう。いろいろな手続をしなければいけません。それらが終わってある程度落ち着いてから税理士に相談をすることをおすすめします。一般的には49日法要を終えてから相談をするケースが多いです。ただし、余裕があるならば、それよりも早く相談をすることももちろん構わないでしょう。

また、相続については生前に相談をしておくという方法があります。その方がいろいろな対策をすることができるからです。いざ相続税が発生した段階になって対策をしようと思ってもやれることは限られてしまいます。そのため、被相続人が生きているうちに税理士に相談をしておくと良いでしょう。特に遺産として残る財産が多い場合にはしっかりと相談をすることによって、きちんと対策ができるのです。

税理士の選び方

スーツの男性相続相談をする際には税理士を選ばなければいけません。いろいろな候補がいる中で一体誰に相談をするべきなのか悩んでしまうことが多いでしょう。まずはこれまでの実績を参考にするという方法があります。税理士といっても、すべてが相続税を専門としているとは限らないからです。これまでに相談を受け付けて申告をした実績の豊富な税理士を探しましょう。相談実績だけではなくて、申告実績を調べることが大切です。

税理士にもいろいろな専門分野があります。実は税理士のほとんどは法人税申告を専門としています。企業向けの相談ばかりを受け付けているというケースが多いため、相続税に関してはほとんど素人と変わらないという税理士もいるのです。この点には注意しておきましょう。

また、必要であれば弁護士や行政書士などとも連携することができる税理士を探すと良いでしょう。相続にはいろいろな問題が関わってくるのです。その際に適切な専門家を頼ることができるのはとても大切なことです。きちんと専門家とのネットワークを形成している税理士であれば安心できるでしょう。

費用については基本的に成功報酬となっています。費用の安さだけで選ぶべきではないでしょう。この点には注意してください。

相続相談をする

相続に関して問題が起きてしまうケースが増えています。相続の問題というのは家族を崩壊させてしまう可能性もあるのです。さまざまなトラブルが噴出しており、その際には専門家を頼りたいという方は多いでしょう。

遺産分布図たとえば相続争いが起きてしまうことがあります。これは相続をもらう権利のある人達の間で意見が異なってしまい、争いに発展してしまうというものです。誰がどのくらい遺産を相続するべきなのかを話し合い、その際にトラブルになってしまうのです。また、生前贈与の問題も関係してくるでしょう。すでに生前贈与されている家族がいて、さらに遺産の分配が同じになっていて納得できないというケースです。また、遺言によって一切遺産をもらうことができなくて、それに納得できないという場合もあります。

このようにいろいろな相続の問題について、当事者だけではなかなか問題が解決されないことがあります。そのまま話し合いを続けたとしても、余計に問題がこじれてしまう可能性があるでしょう。その際には専門家に相談をすることで相続問題を解決したいと考える方は多いのです。

こちらでは実際に税理士に相続相談をする際のポイントについてまとめています。どのようなポイントを守ることによって、スムーズに相談ができて、良い結果が得られるのかを教えましょう。実際に税理士に相続相談をしたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。相談をすることによって、上手く問題を解決できるでしょう。